読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

元非正規社員が40歳で年収800万円を達成した成功体験

30歳で年収150万円の元非正規社員が40歳で年収800万円の正社員になった成功体験を語ります

人生で最も高い買い物

人生で最も高い買い物は、マンション、二番目に高い買い物は車だ。

 

今回は、2番目に高い買い物だった、車との出会いと別れをお話する。

 

この車に出会ったのは、派遣社員が雇止めになる少し前のことだった。

 

もともと新車で購入したファミリーカーを1台持っていた。

 

諸費用込で200万円弱の車を頭金100万円を出して、日立キャピタルでローンを組んで購入した。

 

マンションを購入するにあたり、車のローン返済が条件だったため、残金だった75万円を一括返済した。

 

ローンがない状態で車を持っていたのだが、当時、どうしても別の車がほしくなり、持っている車を下取りしてもらい購入することにした。

 

トヨタのほしかった車を見に行ったのだが、どうにもしっくりこないので、取引があった他メーカーの店に行き、「最終モデルだから」とすすめられるままに、購入したのが人生で2番目に高い買い物であった、この車だった。

 

その金額、諸費用込で430万円、残価設定クレジットで下取りしてもらった100万円を差し引いた金額を5年ローンで購入した。

 

契約社員時代は、収入もそこそこあったので、支払いは問題なかったのだが、契約社員を雇止めになり、派遣社員として働くようになってから毎月赤字になってしまい、預貯金が減るばかりという状況だった。

 

3年目の車検を間近に控えた頃、どうにもお金のやりくりの見通しが立たなくなり、車を手放すことに。

 

ローン残高200万円、買い取り金額250万円だった。

 

人生で2番目に高い買い物で、最も無駄な買い物だった。