読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

元非正規社員が40歳で年収800万円を達成した成功体験

30歳で年収150万円の元非正規社員が40歳で年収800万円の正社員になった成功体験を語ります

確定拠出年金は損?

最近の大手企業では日本版401kと言われる、確定拠出年金制度に加入していることが多い。

 

確定拠出年金とは、年金を自分で運用するという仕組みで、転職しても転職先が加入していれば、年金が引き継げるという転職者にはありがたい制度だ。

 

私が最初に就職した会社で加入していたが、転職した会社で加入していなかったので、一度脱退している。

 

その時に解約一時金を10万円ほどもらっている。

 

そして、次に入社した派遣会社で再度、確定拠出年金に加入して、もう一度積立を0円からやり直す形になった。

 

そして、再度、派遣会社からメーカーに転職して、移管をすることができた。

 

移管できるのは3年以上働かないといけないという条件があるようだが、私は3年経過していたので無事に移管できた。

エンジニア専門の転職支援は「メイテックネクスト」

 

だが、転職してから一つ分かったことがあった。

 

転職先(元派遣先)では、確定拠出年金が基本給から控除されるというのだ。

 

一般的に確定拠出年金は、会社が支払うものとばかり思っていたのだが、この会はそうではないとのこと。

 

しかも、もともと加入していた人は脱退ができないので、自動的に基本給が減らされて積立に回されるとのこと。

 

自分が損をするわけではないので、問題なのだが、直近の給料が減る感じがしてどうにも納得がいかなかった。