読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

元非正規社員が40歳で年収800万円を達成した成功体験

30歳で年収150万円の元非正規社員が40歳で年収800万円の正社員になった成功体験を語ります

転職活動で一番ひどい扱いを受けた会社はここ

この会社の名誉のために社名は書かないが、ざっと以下のような属性の会社。

 

非上場

政令都市にある
中国人留学生が大学の先生と協力して作った会社

社長は他社からきた日本人

 

この会社のことは新卒の頃にリクナビで見かけて、少し知っていた。

それから5年ほど時間が経過し、だいぶ規模が大きくなっていた。

だが、中国人が作った会社ということに抵抗があり、応募はためらっていた。

 

たまたま登録した人材紹介会社のすすめもあり、応募することにした。

一次面接はあっさりと通過して、非常に高く評価されていたとのことだった。

二次面接もあっさり通過した。

ところが・・・三次面接(社長面接)で状況が一変

なぜか、超圧迫面接

 

「売り上げを上げるためには何ができるか話してください」と漠然と言われて、うまく答えられないと「その年齢ならその年齢なりの考え方があってしかるべき」みたいな言われようをした。

言葉に詰まっても、助け舟もなく、最初から最後まで圧迫面接だった。

 

本当になんで、自分はその場にいるのか疑問に感じた。

 

世の中には、圧迫面接をすることで、自身のモチベーションを高める、自分たちが優れた存在であることを再認識する人種がいるらしい。

おそらく、彼らは価値観の同じ人間を求めているのだろう。

 

不採用理由も「価値観が合わない」となった。

 

貴重な有給休暇や業務終了後の時間が無駄になった。