読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

元非正規社員が40歳で年収800万円を達成した成功体験

30歳で年収150万円の元非正規社員が40歳で年収800万円の正社員になった成功体験を語ります

転職活動

契約社員時代に半年間くらい転職活動を続けた。

 

応募した会社数は70社ほど。

 

応募した会社については、表計算シートにまとめている。

 

今後の参考になる情報は、不採用理由だ。

 

試験ができなかった、面接の結果が悪かったという納得の結果もあれば、ひどい言われようをされたり、圧迫面接をされたりと、ひどい扱いをされた会社もあった。

 

その中のいくつかを紹介してみる。

 

「年齢と社会人経験を考慮して、即戦力とは考えられない」

こちらは某老舗のメーカーだ。そこまではっきり言うことで得るものってあるのだろうか。

 

「即戦力として期待できない」

同じような言われ方だ。

 

「協調性なし、愛社精神不足」

派遣会社。入社していない会社に愛車精神とは。

 

「価値観が合わない」

ベンチャー企業。宗教団体やサークルではいので、いろいろな価値観がある人がいたほうが会社は楽しいと思うが。

 

「親和性がない」

外資系企業。水と油みたいな感じだろうか。

 

「覇気がない、年齢と経験のバランスが悪い」

中小企業。お酒の話に乗れなかったのが原因だろうか。

 

「転職する可能性がある」

老舗メーカー。何となく手ごたえがある理由。

 

一つ言えるのは、転職活動は採用する側が100倍も1000倍も有利だ。

選び放題の転職希望者の中から、1人なり2人なり採用するのだから。

結果を出すためには、継続することが大切だ。

 

ちなみに総括すると以下の通り。

書類通過率 29.3%

内定率 6.9%

 

派遣会社に限定すると

書類通過率 100%

内定率 50%

 

派遣会社はよっぽどのことがない限り、書類は通って1/2で採用となる、雇用条件はそれなりだが、入社は非常にしやすいことがわかる。