元非正規社員が40歳で年収800万円を達成した成功体験

30歳で年収150万円の元非正規社員が40歳で年収800万円の正社員になった成功体験を語ります

最悪の結果に

派遣会社の内定期限が来てしまい、迷った挙句、派遣会社の内定を辞退することに。 あとは面接を受けたメーカーからの回答を待つことに。 結果、そのメーカーの内定はでなかった。 理由ははっきりとはわからないが、希望した年収を出せないことで先方が内定を…

メーカーに応募

内定した会社が1社減り、残った内定先は派遣会社のみとなっていた。 派遣会社の回答期限が迫り、決断をしなければならない時期に。 そんな中、転職エージェントから連絡があり、「メーカーの案件があるので応募しないか」。 自分のことに興味を持っており、…

内定を辞退

現職の退職日から2週間となり、大きな決断をしなければならなかった。 内定した中小企業の回答期限が迫っていて、入社するか辞退するかの決断が必要だった。 直近の雇用条件は年収ベースで460万円程度ではあるが、昇給していくと50代で650万円ほどになり、長…

何社か内定

転職活動をして半年、契約社員の契約が切れる直前に1社内定を取ることができた。 社員20名ほどの中小企業で、新規事業として電気設計の仕事ができる人を探しているとのことだった。 雇用条件は今よりも若干下がるが、昇給の基準も明確で正社員雇用というのが…

転職応募総数60社以上

転職活動を続けて半年ほど、応募した会社は60社以上となった。 手ごたえはあった会社があったが、採用までは至らなかった。 もともと非正規で危機感はあったので、いくつか資格は取得していたが、これといったものがなく、効果はなかった。 語学は苦手ではな…

残念な話がある

ある日、上司から呼ばれて面談をすることになった。 開口一番「残念なお話がある」と。 人員計画の都合で次回の再契約をしないことになったと告げられた。 勤続、3年弱、あと数年で正社員になれるところまで来ていた。 いよいよ転職活動を本格化させないとい…

転職活動がうまくいかない

転職活動は思いのほか苦戦した。 原因はいくつかあるが、主なものは年齢と経験の不一致だった。 おもむろにそれを指摘してくる会社もあれば、指摘してこない会社もあったが、多かれ少なかれそれが障害だったはずだ。 経験というのは、本当は足し算ではないは…

6年目の年収

転職活動をしながら、社会人6年目の勤務を終えた。 6年目の年収は510万円だった。 5年目と全く同じなのは、契約社員という形で雇用条件が全く変化しなかったからだ。 残業時間が多いときでは50時間を超えていて、「かなり頑張った」という感じもあったが、結…

転職活動

前職からもう5年以上も同じ仕事を続けているし、それなりの会社に勤めているし、まだ年齢も30代なので転職活動はそれほど心配していなかった。 しかし、実際に転職活動をしてみると、書類こそ通過するものの、最終選考で落とされてしまうことが多く、採用ま…

契約期間満了と再契約

契約社員として2年間の勤務を終える時期にきて、上長から契約延長(再契約)のお話があった。 そのとき、転職も考えていたが、雇用条件も悪くないし、5年勤務すれば、正社員になれるという意識もあり、結果的には契約延長を選択した。 ただ、気になったのは…

5年目の年収

転職後の会社で1年半働き、5年目の勤務を終えた。 5年目の年収は、転職後の給料が満額支給となり、510万円だった。 とうとう500万円という大きな壁を越えたことになる。 一説によると、中小企業には500万円という大きな壁があるとのこと。 一般社員ではここ…

改正労働契約法

2013年4月に実施された改正労働契約法。 これにより、2013年4月を起点として有期雇用契約が5年経過した人(非正規社員含む)には、無期雇用に転換可能な権利が付与される決定がなされた。 これにより正社員と同じく、定年まで同じ会社で働き続けることができ…

転職後の仕事内容

転職前と転職後で仕事内容は、電気設計で大きな違いはなかったが、機器設計から基板設計と狭く深くなった。 より、専門性を高めたいという気持ちでこの仕事に就き、念願かなった形だった。 また産業インフラ分野から宇宙関連の仕事になり、やりがいも大きく…

4年目の年収

転職して約半年経過して、社会人4年目の勤務を終えた。 4年目の年収は、430万円だった。 3年目の年収は、460万円だったので、少し下がったことになる。 転職直後は賞与がでないので年収は必然的に下がってしまうが、翌年からは上がるはずだ。 一般的に、住宅…

引っ越し後

住宅ローンの契約も終わり、転職から9か月後に、新しい住居に引っ越した。 片道2.5時間から片道1時間の通勤となり、仕事に集中して取り組めることになった。 真っ暗な時間に家を出て、終電間近に帰ることもなくなった。 古い団地から新築マンションに移住し…

住宅ローンの審査結果

先に、非提携ローンの流通系銀行の結果が出た。 結果は否決とのこと。理由については教えてもらえなかった。 その後、マンション販売会社から追加の資料として、もう1枚、源泉徴収票の提出を求められた。 結果は、提出した銀行ですべて審査に通ったとのこと…

住宅ローンの審査

住宅ローンには仮審査と本審査があるが、仮審査が通れば、本審査が通らないことはほとんどないと言われている。 今回、提携ローンだったため、仮審査はマンションギャラリーで提出することなった。 提出したのは大手都市銀行3社とその他の銀行2社だった。 念…

購入するマンションを決める

休みの日に、suumoやYahoo!不動産などで、探した中古マンションを見に行くことにした。 どこもきれいにリフォームされていて、全く問題ない住宅だったが、中古ということで共用設備や外観の古さ、管理修繕費の高さが気になった。 そこで、以前、目をつけてい…

非正規は住宅ローンが組めない?

住宅ローンを組んで、家を購入するにあたって問題となるのは、雇用形態だった。 自分は2年契約の契約社員、しかも転職して半年しか経過していなかった。 当然、源泉徴収票も出ていない。 このような状態で住宅ローンが組めるのかどうか調べたが、明確に組め…

住宅探し

家を買いたいと思ったものの、頭金もなかったので、住宅ローンをフルローンで購入するしか方法がなかった。 転職した会社の周辺は地価が高く、家も高かったので、そこから片道1時間ほどの地価の低い地区でできるだけ安いマンションを探した。 新築は無理なの…

引っ越しを考える

転職して往復5時間の通勤を続けていたが、仕事の量も増えて残業時間が多くなるにつれて、帰宅できないというリスクも出てくるようになった。 帰宅時間も夜の11時過ぎになり、食事をとることもできずに寝るような状態だった。 朝も5時に起床、5時半に家を出る…

通勤に片道2.5時間

転職するにあたって雇用条件もそうだが、もう一つ気がかりがあった。 それは、通勤に片道2.5時間かかることだ。 電車だけで2時間、徒歩を入れると2.5時間だった。 本当にそんな通勤ができるのかという疑問があり、実際に通勤する時間に、シミュレーションを…

悩んだ末の転職

1社内定が出たものの、正直かなり迷った。 仕事の内容は、これまでと同様の電気設計の仕事で問題なく、給与面も問題なかったが、雇用条件が引っかかった。 働くのは大手電機メーカーだが、在籍は子会社かつ正社員登用前提だったものの、2年契約の契約社員だ…

最初の転職活動

広い意味でいえば、自分は何度も転職活動をしているのだが、大学を出てから就職した会社を起点とすると、人生最初の転職活動ということになる。 転職活動をするのに、過去の経歴は役に立たないだろうから、電機メーカーに就職して3年間の業務経歴ということ…

3年目の年収

3年目の年収は460万円だった。 これは階級が自動的に上がったことと、残業が増えたことによる増加だった。 さすがに老舗の上場企業、時間が経過すれば自動的に給料が上がっていく。 だが、昇進試験に落ちたことにより、昇給が停止する可能性が出てきた。 そ…

初めての昇進試験

3年目になり、昇進試験を受験することになった。 2年目に昇進試験の予備試験のような基礎科目の試験に合格し、その後昇進試験を受験できるようになる。 昇進試験は論文と業務発表だった。 評価方法は相対評価のような形で、受験者の中で上位何人かを合格とす…

2年目の年収

2年目の年収は370万円だった。 昇進はしていなかったが、階級のようなものが勤続年数に応じて自動的に上がったためだ。 年齢相応の会社員の収入に近づいた感じがした。 もっともっと上を目指そうと思うようになった。 3年目の昇進試験に受かることが目標とな…

社会人2年目

電機メーカーで働き始めて2年目に大きな転機があった。 会社の経営方針の問題で、部署が統廃合となり、移転をすることになった。 地方都市にあった工場から東京の工場に移動することになった。 移動することは特に問題なかったが、そのころから、人間関係が…

自分の年齢に追いつく

とにかく、自分の年齢に追いつくこと。 人よりも遅く会社員となったので、年齢から考えると低い地位に甘んじることになる。 とにかく仕事の効率を上げて、どんどん出世をして年齢相当かそれ以上を目指したかった。 3年目になれば昇進試験を受けられ、それに…

1年目の年収

会社員1年目の年収は320万円だった。 さすがは老舗の電機メーカー、残業代もしっかり支給、扶養手当や住宅補助もあり、1年目の給料としては満足できるものだった。 前年の年収は150万円だったので、実に2倍の年収アップだった。 ちなみに、高卒後に働いてい…

会社員一年生

大学を卒業して、普通の会社員になった。 普通の人が22歳で実現することを30歳で実現したことになる。 就職したのは老舗の電機メーカーだったので、院卒の人もかなり多く、同期で27~28歳くらいの人はいて、中には博士で30歳くらいの人も2人いた。 とはいえ、…

結婚

就職することが決まったが、そのとき、一つのけじめとして、学生の頃から付き合っていた彼女と結婚することにした。 今まで普通の人と違う人生を送ってきたので、普通の人生を送りたいと思うようになっていた。 結婚して、子供ができて、住宅ローンを組んで…

30歳の時の収入

自分は勤労学生だったので、親から援助されることもなく、自立した生活を送っていた。 収入源はいくつか掛け持ちしていたアルバイトだった。 プログラマ、実験補助、日雇い派遣など。 勉強をしている時間以外は常に仕事をしている生活だった。 学生時代の最…

就職活動

大学5年生になり(そう、二部なので5年生が卒業年)、就職活動を開始した。 幸いなことに工学部の電気系学科だったため、就職相談室には学校推薦の求人票がたくさん来ていた。 ただ、気になるのは年齢。 通常、卒業するのは22~23歳、多少回り道をした人でも2…

授業

普通の大学生ならば昼間に授業を受けて、授業が終わったらサークル活動をするのが一般的なのかもしれないが、自分にはそんな時間がなかった。 仕事と学業の両立だけで精一杯で、楽しい大学生活ではなかった。 電気の授業は難しいが、学べば学ぶほど、知識が…

仕事

昼間の仕事は、実験補助や授業でちょっとかじった知識を生かしたプログラマなどだった。 仕事も学業も充実していて、それなりに楽しかったが、とにかく時間がなくて生活が大変だった。 朝は職場に向かい、夕方7時になると大学に向かった。 9時に授業を終える…

25歳の大学生

3年間の受験勉強のおかげで、念願叶って大学に合格することができた。 高校生の頃の目標だった、工学部、そして電気系の学科だった。 このとき、すでに25歳になっていた。 少し時間がたってしまったけれど、気持ちはあのころのままだった。 大学は二部なので…

受験勉強

大学に進学しようと考えたのは、22歳の頃だった。 高校は進学校だったので、勉強することは苦ではなかったが、もう勉強から遠ざかり4年も仕事漬けの毎日を送っていたので、すっかり忘れてしまっていた。 昼間は仕事をして、夜に1、2時間勉強を続けた。 大学…

大学進学をあきらめ就職

自分は関東の某中核市で育った。 父親は自動車メーカーの社員で、ごく平均的な家庭だった。 ところが、自分が高校生のとき、その父親が脳卒中で倒れてしまい、状況が一変、大学への進学をあきらめて、就職することになった。 当時、姉が大学生で学費を払えな…