読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

元非正規社員が40歳で年収800万円を達成した成功体験

30歳で年収150万円の元非正規社員が40歳で年収800万円の正社員になった成功体験を語ります

転籍制度の落とし穴

自分の働いていた派遣会社は、人材紹介もやっている関係で、転籍制度というものがあり、毎年100人ほど転籍をしているとのこと。 社員数は5000人だから、かなりの割合だ。 だが、その実態がどうなっているのかということについては、派遣社員側には入ってこな…

派遣先に転籍の申し入れ

ある日、夜仕事を終えて帰る日に、自分を受け入れてくれた派遣先の役員に声をかけた。 今、転職活動をしているが、今の職場で長く働きたいという気持ちを持っている。 可能であればこちらに入社させてもらえないかという話をした。 すると総務部長に話をする…

父親の年収

僕の父親は、地元の上場企業に勤めるサラリーマンだった。 裕福とは言えないが、中流の家庭だった。 上場企業勤務といっても、高卒地元採用の社員で主任相当で退職した。 40代の頃、病気になり、50代で退職した。 父親の給料など知ることもなかったし、興味…

サラリーマンで年収800万円を実現するには?

サラリーマンで年収800万円を実現するには、上場企業の正社員、もしくは公務員になるのが近道と言われている。 上場企業の給料体系はどうなっているのかということをお話する。 自分が新卒で入社した会社の給料体系は以下の通りだ。 I級 新卒から5年目くらい…

年収800万円への憧れ

自分は、年収が400万円から500万円の間を行ったり来たりしていた期間が長い。 日本の同じ会社で働いていれば、必然的に年収は上がっていくものであるが、自分は転職が多かったので、そうはならなかった。 高卒に就職で100~300万円、勤労学生で150万円、メー…

会社を辞める日

若い頃はあまり意識しなかったが、新卒で入社した会社、次に働いた会社を辞める日は、本当に悲しい気持ちになった。 いずれの会社も、社員証がなければ入ることすらできない会社なので、一度、社員証を返却してしまえば、二度と会社に来ることはない。 会社…

株がメルトダウン

何となく、使わないお金があったので、株をやりたくなった。 しかし、日本株は株価が高くて手がでない。 当時、未来のソニー、ホンダの株が安く買えると話題になっていたのが、中国株だった。 初心者にはリスクだったが、少額だったのでなくなってもいいとい…

9年目の年収

新たな派遣先の職場で9年目の勤務を終えた。 年収は460万円と、派遣会社の昇給がすくないので、ほとんど据え置きだった。 この数字を見ると、最初の老舗メーカーを辞めなければよかったと思ってしまう。 まさに空白の9年間。 でも、経験も知識も当時の非では…

派遣社員の給料体系

リーダー職として派遣先に配属されたため、リーダー職手当というものが支給されるようになった。 月々の給料に5千円のリーダー職手当が追加される。 派遣社員の給料は以下の通り。 試しに満額支給された最初の給料を入れてみる。 基本給 22.8万円 グレード給…

リーダー職として配属

最後に「リーダー職にするので行ってほしい」と。 自分の将来を考えると、リスクの高いエンジニアリング会社ではなく、メーカーに行きたいということを主張し、態度を保留した。 その後、リーダー職になれるのであれば、だれも配属されていないもう1社でもな…

給与交渉

派遣社員時代に何度か給与交渉をしたことがある。 給料が上がらないことに不満があり、営業所のマネージャーやもっと偉い人と何度か話をした。 交渉をするには材料が必要なので、いくつか材料を用意した。 電気設計という仕事の平均的な給料や、自社の求人票…

派遣会社の昇給制度

派遣会社の正社員には、昇給制度がある。 自分の所属していた会社の昇給する仕組みは3種類ある。 1)リーダー職に就くこと 5千円~3万円の昇給とのこと 2)定期昇給 年間500円~700円、35歳で昇給停止(暫定40歳まで) 3)特別昇給 特別な成果があった人の…

派遣社員の客先単価

派遣社員には客先単価というものが存在する。 技術の社員だと、最低でも1日3万円くらいの単価になる。 本人の時給が2千円だとすると、10時間働くとすると、2万円になる。 3万円から2万円を引いたお金が、派遣会社の営業や事務の社員の給料となる仕組みだ。 …

7年目の年収

社会人7年目は、メーカーの子会社の契約社員から派遣会社の正社員になり、転職活動で忙しかった。 いろいろあったが、無事に7年目の勤務を終えた。 7年目の年収は400万円だった。 年収査定が下がったこと、転職1年目で賞与がなかったこともあり、前年よりも1…

苦し紛れに派遣会社に応募し採用

もう後がなくなってしまい、転職支援会社が派遣事業もやっているということで、仲介してもらい、派遣会社に応募することにした。 電話したら手ごたえがありそうだった。 すぐに書類を送り、面接を受けて、その場で採用となった。 雇用条件はやや下がるが、贅…

6年目の年収

転職活動をしながら、社会人6年目の勤務を終えた。 6年目の年収は510万円だった。 5年目と全く同じなのは、契約社員という形で雇用条件が全く変化しなかったからだ。 残業時間が多いときでは50時間を超えていて、「かなり頑張った」という感じもあったが、結…

5年目の年収

転職後の会社で1年半働き、5年目の勤務を終えた。 5年目の年収は、転職後の給料が満額支給となり、510万円だった。 とうとう500万円という大きな壁を越えたことになる。 一説によると、中小企業には500万円という大きな壁があるとのこと。 一般社員ではここ…

転職後の仕事内容

転職前と転職後で仕事内容は、電気設計で大きな違いはなかったが、機器設計から基板設計と狭く深くなった。 より、専門性を高めたいという気持ちでこの仕事に就き、念願かなった形だった。 また産業インフラ分野から宇宙関連の仕事になり、やりがいも大きく…

4年目の年収

転職して約半年経過して、社会人4年目の勤務を終えた。 4年目の年収は、430万円だった。 3年目の年収は、460万円だったので、少し下がったことになる。 転職直後は賞与がでないので年収は必然的に下がってしまうが、翌年からは上がるはずだ。 一般的に、住宅…

悩んだ末の転職

1社内定が出たものの、正直かなり迷った。 仕事の内容は、これまでと同様の電気設計の仕事で問題なく、給与面も問題なかったが、雇用条件が引っかかった。 働くのは大手電機メーカーだが、在籍は子会社かつ正社員登用前提だったものの、2年契約の契約社員だ…

3年目の年収

3年目の年収は460万円だった。 これは階級が自動的に上がったことと、残業が増えたことによる増加だった。 さすがに老舗の上場企業、時間が経過すれば自動的に給料が上がっていく。 だが、昇進試験に落ちたことにより、昇給が停止する可能性が出てきた。 そ…

2年目の年収

2年目の年収は370万円だった。 昇進はしていなかったが、階級のようなものが勤続年数に応じて自動的に上がったためだ。 年齢相応の会社員の収入に近づいた感じがした。 もっともっと上を目指そうと思うようになった。 3年目の昇進試験に受かることが目標とな…

1年目の年収

会社員1年目の年収は320万円だった。 さすがは老舗の電機メーカー、残業代もしっかり支給、扶養手当や住宅補助もあり、1年目の給料としては満足できるものだった。 前年の年収は150万円だったので、実に2倍の年収アップだった。 ちなみに、高卒後に働いてい…

30歳の時の収入

自分は勤労学生だったので、親から援助されることもなく、自立した生活を送っていた。 収入源はいくつか掛け持ちしていたアルバイトだった。 プログラマ、実験補助、日雇い派遣など。 勉強をしている時間以外は常に仕事をしている生活だった。 学生時代の最…