読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

元非正規社員が40歳で年収800万円を達成した成功体験

30歳で年収150万円の元非正規社員が40歳で年収800万円の正社員になった成功体験を語ります

リーダー職として配属された職場

リーダー職として某企業に派遣社員として配属された。 最初入社して簡単な事務手続きを行った後、自分の配属部署に案内された。 そこには、面接のときに合った人がいた。 あとで知ったのだが、部長兼役員の偉い人だった。 その次に紹介されたのは、定年再雇…

リーダー職として配属

最後に「リーダー職にするので行ってほしい」と。 自分の将来を考えると、リスクの高いエンジニアリング会社ではなく、メーカーに行きたいということを主張し、態度を保留した。 その後、リーダー職になれるのであれば、だれも配属されていないもう1社でもな…

営業所のマネージャーから電話が

営業面談を受けた後、営業所のマネージャーから電話がかかってきた。 「営業面談を受けた、メーカーの子会社に行ってほしい」と。 自分はどうしても、もう1社のほうに行きたいと言ったが、それでも引き下がらない。 理由は、次の通り。 何度、スキルシートを…

手ごたえあり

何社か営業面談に行った中で、何社か手ごたえがあった。 1社は大手メーカーの子会社のエンジニアリング会社だ。 FPGAの設計をやっている会社で、どうしても自分を採用したいという気持ちが感じられた。 たしかにFPGAの設計はやっていたことがあるが、メイン…

2年ぶりの営業面談

2年間勤めた派遣先を雇止めとなり、2年ぶりに営業面談に行くことになった。 ある時期になると、すごい勢いで営業担当から電話がかかってきた。 あっちへ行け、こっちへ行けと1日4件、5件と営業に行かされる。 大部分が業務内容が経歴と合わず、嫌な思いをし…

営業面談の楽しみ

派遣社員の営業面談はあまり気分のいいものではない。 下に見ているメーカーの社員と話をしなければならないからだ。 「この経験はないの?」、「この資格はないの?」と、すべて自分の価値基準で話を進めてくる。 そんな経験もあって、そんな資格があったら…

営業担当の仕事

派遣元の営業担当の仕事は、とにかく派遣社員を客先に入れることだ。 配属中は何の連絡もないにもかかわらず、契約切れがわかると、すごい勢いで電話をかけてくる。 若い女性ならではで、時には弱みを見せたり、色気をつかったりして、あの手この手で自分の…

営業面談

派遣先の営業面談は、本当に嫌な気持ちになる。 営業担当者は若い女性ばかりで、業務内容を全く理解していない。 とにかく、顧客にスキルシートという経歴を書いた書類を送りまくり、面談の許可を取り、派遣社員である自社社員を連れて行くという形だ。 業務…